アルバイト辞めたいとき!辞めるための”気持ちづくり”教えます

お疲れさまです。
今日は仕事の日でした。
明日は、お休みです~!(^^)!
しかし夕方から会社の同僚と会うので仕事のようなものです

夕方から、フレンチの店で軽く食事することになりました。
ランチという話だったのが、メンバーの都合でディナーになりました。

楽しく過ごせるのかな(;^ω^)わからないけど不安~

当たり障りのない会話をしよう。
参加メンバー5人のうちの1人は、とてもお喋りな人なので要注意です。
またどんな感じだったのか、書かせてくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は、アルバイトを辞めるときのコツというか、心構えを書きたいと思います。
心構えさえしっかりしていれば、必ず一歩踏み出せるはずです。

[ads]

アルバイトを辞めたいとき!スパッと辞めるコツは?

とりあえず、働いてみて嫌だったら辞めれば良いや!
アルバイトなんだから、嫌なら辞めれば良いっしょ!

そんなふうに気軽に思っていませんか?

ところがどっこい。
アルバイトって、始めるのは簡単だけど、辞めるのが難しかったりしますよね。
店長とか、上司に「辞めたい」という話を切り出すのがもう、大変!

超・忙しくて、人手不足の職場だったりすると、尚更言い出しにくいでしょうね。

そんなときに「辞める!」と言い出すための気持ちの作り方のコツを教えます

[ads]

アルバイトを辞めたいとき!大切な自分について考える

嫌なアルバイトをズルズルと続けていくって、とてもムダな時間じゃありませんか?
ムダ、、、どころか、苦痛を感じているのだから、
人生の損どころか、負債を抱えていると言ってもいいくらい。
アルバイトが終わって、家に帰った後も、嫌だった気持ちをズルズル引きずっているとしたら
これはもう、あなたの人生、どんどん負債がたまっていってますよ?

積もり積もった負債(=借金)は心の重荷になって、いつしか恐ろしい取り立てやが来ます。
精神が崩壊し、うつ病、自暴自棄になっていくんです。

あなたが一番大切にすべきは自分自身です。
忙しいアルバイト先のことでもなく、同僚や上司でもなく、
大切にすべきは、あなた自身です。

一度しかない人生なのに、なぜ、マイナスを背負い込むんでしょうか。
自分を大切にしないと、この先幸せには、なれません。

[ads]

アルバイトを辞めたいとき!未来の自分を大切にする

辞めたい!と言い出せないということは、気が弱くてお人好しな部分があるのかもしれません。
「辞めたい」と言った瞬間から、上司や同僚は、あなたのことを「辞める人間」として扱うし
よそよそしくなる、またはより一層、冷たい態度を取られる可能性もありますよね。

でもそれがなんだというのでしょうか。
上司や同僚との辞めるまでの短い間の、ツラい関係を避けるために
未来の自分の幸せを投げ捨てて良いのですか?

目の前にいる上司や同僚に嫌われたくない、波風立てたくない、、、
そんな気持ちから、いつまでもその職場から足を洗えずに
1か月先、2か月先の自分の幸せを捨てていってしまっていいのですか?

上司や同僚は、あなたのことを一生面倒を見てくれるわけではありません。
正直、仕事以外のあなたのことなんて興味がないし、
自分が損をしたり、面倒くさいことにならなければ、それがイチバン!
あなたの幸せのことなんて小指の先も考えていません。

自分の1か月、2か月先の幸せを勝ち取るためであれば、
今この瞬間、上司や同僚に嫌われることくらい、「屁」でもないですよ。

[ads]

アルバイトを辞めたいとき!どう思われようと関係ない

「こんな短期間で辞めるなんてだらしない」
「仕事を中途半端に投げ出すなんて社会人としてどうなの?」

そんなふうに思われるのが怖いですか?
頼まれた仕事を投げ出しても、たった1ヶ月で辞めるとしても
別に構わないじゃないですか。
嫌になったんですから。
嫌なものは嫌だし、そんなことに1秒だって時間を使いたくないんです。
貴重な人生の時間なんですからね。

社会人として無責任、どうかしてる?

OK!OK!
無責任な行動を取らせるほど、辞めたい気持ちになるような職場が悪いんです。
あんたらがおかしいんだ!

そう思って下さい

[ads]

今日のまとめ~辞めたいならやめるが勝ち~

最初は辞めたくてたまらなかったけど、がんばって続けたら1年後には
楽しくて仕方なくなった。
そういう話もよく聞きますよね。

それはアッパレだと思いますよ。
でも1年我慢できない場合だってあると思うんです。
1年経ってもハッピーが訪れない場合もあるでしょう。

続ければ必ず幸せが訪れる保証はどこにもない。
このままだとヤバいな、、、辞めたい、でも踏ん切りがつかない。

私も、2度ほどアルバイトをとつぜんに辞めたことがあります。
もちろん、きちんと面と向かって「辞めたい」旨は責任者に話しましたよ。
頼まれた仕事は投げ出したし、中途半端な状態で辞めました。
いまでも後悔はありませんし辞めて今の仕事を見つけて、
本当に良かったなぁと思っています。

関連記事

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

自己紹介

お問い合わせ先

プライバシーポリシー

ページ上部へ戻る