不動産売却のあれこれ~上手に活用してもらえますように

20時ごろ、実家から無事に帰還いたしましたー

時間が無くてお土産のお菓子が買えなかったら、子どもは、ガッカリしたみたい(;^ω^)

買えばよかったなぁ

最近新幹線も乗り慣れてきたので、出発10分前とかのチケットを購入して

すぐに飛び乗っちゃうんですよね(;^ω^)

駅のホームとかで、新幹線の到着を待つのイヤで(;^ω^)

そうするとやっぱり、お土産とか買う時間が無い(当たり前か……)

ーーーーーーーーーーーーー

不動産が売れたので、とりあえず、子どもの学費の心配はなくなりました。

もちろん、自分たち夫婦の「老後資金」と言われると、心もとないですけどね。

とりあえずは、奨学金などの借金をさせずに大学まで出せるかな、、、、と。

もちろん「医学部」などとなれば倍以上の金額になるので無理ですけど(;^ω^)

医学部に進学する可能性はかなり低いので、、、

売却した不動産というのは、自分が育った家です。

3歳くらいから、28歳くらいまで、過ごした、思い出がたくさんある実家ですね。

今でも夢に出てくるのは実家の風景だし、庭も広くていろいろな思い出がいっぱいです。

それでも、誰も管理する人がおらず、荒れ果てて、蜂の巣なんかも出来たりして

近所の苦情も出てしまったので、売却することにしたのでした。

私は、売却した生まれ育った「実家」からは、新幹線で2時間、在来線で2時間の距離に居ますのでね。

気軽に家の手入れなどは出来ない状況でした。

そして、私の実母は、今は、都内の家に住んでいます。

その都内の家も、我が家の財産でして、そちらは姉が相続しています。

そういったわけで、今回、無事に家、、、というか土地を売却することができました。

姉家族も納得はしてくれているようです。

姉自身もいまは、遠方に単身赴任ですし、義兄も遠方に単身赴任。

母は、年老いて、家の手入れなどできる状態ではない。

だれも実家の手入れなど、出来る状態では無いですからね。

もちろん、業者に頼んで、毎月お金を支払えばきちんと管理してくれるでしょうけど。

それには、お金がかかります。

そんなこんなで、今回売却に至りました。

なんとなく自分の生まれ育った大好きな家だったので「これでよかったのか?」

と感じるし、もうあの家は「自分のものではない」と思うと、なんだかぽっかりと胸に穴が開いた気分、、、

だけど、荒れ果てた家は地域の迷惑になるし。

どうにもならなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもの学費分が「なんとかなりそう」なので

ますます、仕事に対する「面倒くささ」が増大してきそうです(;^ω^)(笑)

もちろん何が起きるか分からないので、備えは必要だし、

老後のお金はいくらあっても安心できない世の中。

けっして、遊んでいられる身分じゃないのですけどね。

それでも、もともとフルタイムで働く理由が「子どもの学費」だったので、

目的意識は見失いつつありますねぇ

仕事量抑えて、趣味みたいな感じでのんびりやりたいな、、、、

 

 

 

 

関連記事

自己紹介

お問い合わせ先

プライバシーポリシー

ページ上部へ戻る